▲ ページの先頭へ

会社案内

会社概要

名称 江尻鋳材株式会社
創業 明治43年5月
設立 昭和25年11月3日
代表者 代表取締役社長 江尻篤則
資本金 5,000万円
売上高 令和1年7月期 4,468百万円
本社所在地 〒460-0012 
愛知県名古屋市中区千代田5丁目8番5号
TEL:
052-242-0201
FAX:
052-242-0203
事業内容
  • 製鋼用各種副資材の販売
  • 鋳造用各種副資材の販売
  • 耐火物原料の加工および販売
  • 鉱産物・各種資材・化学品の輸入
  • 不定形耐火物の製造および販売
  • リサイクル事業
  • 硫化鉄鉱石の厳選選鉱
取引銀行 三菱UFJ銀行 新名古屋駅前支店

会社沿革

明治43年05月 江尻萬次郎(現社長の曾祖父)が、愛知県瀬戸市大字下品野字山崎内に米国製50馬力大型チューブ・ミルを設備した珪砂洗滌粉砕工場を建設し、枡玉製粉工場と称して、当時水車にて小規模に生産されていた硝子用石粉の電力による大量生産を開始する。その後名称を江尻硝子原料製造所と変更する。

昭和02年04月 営業所を名古屋市東区東大曽根町に設け、硝子原料、窯業原料全般にわたり販売し、また、大阪市北区天満筋に大阪支店を設け、江尻商店の名称にて硝子原料の販売を行う。一方硝子用石粉の製造をしていた品野工場にて鋳型用天然珪砂の製造も開始する。
昭和05年04月 住居を名古屋市東区徳川町5丁目53番地に移転し同所を営業所とし、名称を江尻商店と変更して、硝子用原料、窯業原料の他に鋳鋼材料、耐火材料を販売する。
昭和09年08月 多治見市赤坂に粘土粉末工場を建設し、鋳型用粘土粉末及耐火モルタルの製造を開始する。
昭和17年11月 本店営業所を名古屋市中区下園町に移転し、名称を江尻鋳材製造所と変更する。また、豊田自動織機の協力工場に指定される。
昭和25年11月 営業組織を株式会社とし、名称を江尻鋳材株式会社に変更し、店主江尻美は取締役社長に就任する。(資本金100万円)
昭和30年11月 名古屋営業所を名古屋市中村区名古屋駅前の豊田ビル内に移転する。
昭和36年11月 本社を豊田ビル内の名古屋営業所へ移し、瀬戸旧本社は瀬戸出張所とする。
平成14年12月 豊田ビル取壊立替により本社を現住所に移転する。
平成19年08月
高圧ガス保安協会より環境マネジメントシステム(ISO14001)の認証を取得する。
(適用範囲:本社)

アクセス

〒460-0012
愛知県名古屋市中区千代田5丁目8番5号

TEL:
052-242-0201
FAX:
052-242-0203

環境方針

基本理念

当社は、鉱物等を取り扱う商社として、限りある地球資源の有効活用を推進・提案し、より効率的な生産活動に役立てるよう全社の総合力で事業活動を行います。また、当社の全従業員は、活動のあらゆる面において環境の維持・保全に配慮して行動します。

基本方針

  1. 環境に関する国際条約、日本及び関係国の環境関連法規制ならびに当社が同意したその他の要求事項を遵守します。
  2. 事業活動が環境に与える影響を正しく認識し、環境目標を定め、定期的に見直します。
  3. 以下の重点テーマに取り組むことで、汚染の予防及び持続可能な資源の利用に取り組みます。
    1. 環境影響の少ない製品を選定し、その販売促進に努めます。
    2. 在庫管理の徹底により、クレームの削減に努めます。
  4. 環境パフォーマンスを向上するために、環境マネジメントシステムの継続的改善をします。

2016年10月1日
江尻鋳材株式会社
代表取締役 江尻 篤則

江尻鋳材株式会社